PRESS RELEASE

アラーキーの心境に触れる写真展。 荒木経惟「往生写集-愛ノ旅」開催のお知らせ

2014年08月09日(土)から10月05日(日)までの期間中、新潟市美術館で企画展「荒木経惟 往生写集-愛ノ旅」が開催されます。 「アラーキー」の名で知られる写真家・荒木経惟(あらき・のぶよし 1940-)。自らの新婚旅行を撮影した初期の代表作『センチメンタルな旅』 (1971)を「私の愛であり、写真家決心」だと宣言して以来、被写体への慈しみに満ちた写真を撮り続けています。 妻・陽子、愛猫・チロ、街と人々、女優、花、空・・・・ それらは、荒木のカメラを通して、赤裸々な姿や内に秘めた物語をさらけ出し、生の輝きと、時には 表裏一体の死の気配をも、私たちに投げかけてきます。荒木と新潟には、浅からぬ縁があります。 写真は、1987-88年に頻繁に新潟を訪れ、中心街・古町などを撮影。女優・大竹一重との「旅の情景」をまとめた写真集『冬恋』(1998年刊)でも新潟を舞台に選ばれています。本展に出品される新作には、時代の空気を呼吸しながら、日常の営みや身近な幸福をいとおしみ、肯定する荒木の姿勢の現在が示されています。
妻や愛猫との日々に始まり、虚実取りまぜた新潟への旅、そしてひろやかな人間愛に満ちた最新作に到るまで、荒木の尽きることない「愛ノ旅」をご 体験ください。また、会期中はアラーキーの対談や学芸員による解説、ワークショップの開催などさまざな関連イベントを開催いたします。

 

Update 2014/08/05 Tue

PDFダウンロード

PDFダウンロード