PRESS RELEASE

仏教 × 科学、音楽、アート、伝統産業…。 日本最大級の仏教教団・浄土真宗本願寺派、 多様な叡智を共有する新しい学びの場「スクール・ナーランダ」を開校

世界遺産や国宝級のお寺で学ぶ、今と未来を生きる智慧

浄土真宗は開宗からおよそ800年。「スクール・ナーランダ」は、浄土真宗本願寺派が取り組む、これから社会に出ようとする10~20代に向け た新しい学びの場です。今年度は、京都(本願寺及び伝道院)と富山(飛鳥山 善興寺、他)を舞台に開校いたします。21世紀に入って15年余り、これからの世界の未来を予測することがとても難しい時代をわたしたちは生きています。このような社会や価値観の変化の中で、選択肢は多様になりましたが、ゆるがない「軸」を作ることは簡単ではありません。人類が積み重ねてきたさまざまな叡智 – 科学や芸術、哲学、宗教、2,500年続く仏教。それらが、生きるための「軸」を形つくるヒントにならないだろうか。そう考え、「スクール・ナーラ ンダ」では、仏教をはじめ多様な分野の叡智を集め、それらを横断的に学び、双方向に対話をし、実際に体験できる場をめざします。


「ナーランダ」という名称について…「蓮のある場所」を意味する「ナーランダ」。蓮は知恵の象徴であることから「知恵を与える場所」のことです。5世紀、北インドにあった、仏 教だけでなく医学、天文学、数学などを研究する総合大学「ナーランダー僧院」が名前の由来です。蓮のモ チーフはロゴデザインにも反映されています。

PDF:press_release

Update 2017/01/06 Fri

PDFダウンロード

PDFダウンロード